アトリエトピックス


RSS

2015.05.08
リペア - コバ -

150507_koba01.jpg

 皮革製品の魅力は、素材自体の美しさやカラーバリエーション、縫製などさまざまありますが、製品の断面である「コバ」の仕上がりによってもその魅力は大きく左右されます。

 しかし、コバは製品の中で特に消耗してしまう部分であり、アトリエで承るリペアでもコバ修理のご依頼が最も多くなっています。
このコバの仕上げに関して、カミーユ・フォルネ製品のほとんどは断面に塗料を塗って仕上げる「クーペ」という仕様で作られているため、アトリエで新しく塗料を塗り直して修理を行う事ができます。

150507_koba02.jpg

 一度、古くなった塗料をすべて落とし、新しい塗料を塗り、熱の入ったコテと紙やすりで表面を整えて、また塗料を重ねる、これを何度も繰り返すことで新品同様のコバ面へと仕上げます。

 塗料を塗る回数やかかる時間は、職人の経験や製品の状態、コバ面の距離などにより一定ではありませんが、地道な作業を丁寧に行い丈夫で美しいコバ面に仕上げて修理が完了します。

 お客様のお手元に製品が戻るとき、お買い求めいただいた当初と同じようにご満足いただきたいと日々修理を行っています。

◆◇◇◇◆時計ベルト商品ページへ◆◇◇◇◆

時計ベルト-メンズ  時計ベルト-レディス






Page up