アトリエトピックス


RSS

2015.09.09
素材 ー裏素材―

裏材画像 1.jpg

 カミーユ・フォルネではエキゾチックレザーをはじめコードバン、カーフなど様々な素材の時計ベルトのご用意がありますが、直接肌に触れる裏側にも厳選した素材を多種取り揃えております。
 
 既製品では上質なカーフの「アルサベル」と、カーフにラバーコーティングを施した「カウチュ」を主に裏素材に使用しております。 
「アルサベル」は着色剤などの化学薬品を使用せずに仕上げた革なので、通気性に優れ肌への負担が少なく、なめらかな着け心地が特徴です。
 「カウチュ」はラバーコーティングを施しているため耐汗性に優れ、汗などの水分が浸透しにくくなっています。更に「カウチュ」を使用した時計ベルトは、裏側に糸目を出さず表側のみにステッチをかけることにより、表素材へ汗が染みにくい工夫がされているためより長くご愛用頂けます。


裏材画像 2.jpg


 またこの2つの素材以外に、スペシャルオーダーでは合成皮革の「ロリカ」や、独自の鞣し技術を施したカーフの「プレステージオート」、通常は表素材として用いる「アリゲータ」を裏素材としてお選びいただく事も可能です。
 「ロリカ」は合成皮革のため、天然皮革に比べて水に強く汚れが付きにくいのが特徴です。
 「プレステージオート」は世界の名車の内装に使用された革のなめしの技術を継承して仕上げられたもので、強靭でありながらしなやかさと独特な質感を持っています。
 「アリゲータ」を裏素材に使用した時計ベルトは、装着時には見えない裏側部分にアリゲータを用いる事で、主張しすぎない贅沢さを味わうことができます。
 
 また、どの素材においてもより長くご愛用頂くために、時計ベルトをきつく締め過ぎず、装着した際に汗等の水分を逃がせる適度な隙間を空けて装着して頂くことをおすすめします。そうすることで通気性が良くなり、素材の傷みを軽減することができます。
 裏素材だけでもそれぞれ違った特徴を持っており、表素材と組み合わせた幅広いバリエーションの中からお好みの時計ベルトをお選びいただけます。時計ベルトをお探しの際は表素材に加え裏素材にも是非ご注目ください。


※スペシャルオーダーにおいても、お選び頂いた表素材によってはご希望の裏素材でお承りできない場合がございます。詳しくは各店舗へお問い合わせください。






Page up