アトリエトピックス


RSS

2015.10.22
【アトリエより】道具 ー定規とノギスー

 前回、「裁つ道具」についてお話ししましたが今回は「測る道具」です。定規やメジャー等は皆様にも馴染みのある道具だとは思いますが、アトリエではこだわりを持ちさらに小さな単位の世界で「定規」や「ノギス」を使い日々サイズを測っています。


測る道具1.JPG

 まず「定規」ですが、主に2つの定規を使用しています。1つがステンレス製の15cm定規で、上段が1mmピッチ下段が0.5mmピッチの目盛りが付いています。この定規ではベルトの長さを測る際はもちろん、革を裁つ際のガイドとしても使用しています。もう一つが透明アクリル製の30cm定規で5mmの方眼線が刻まれています。そのため平行線、垂直線が自由に引け、型紙を裁つ際や5mmといった細い幅の革を裁つ際に重宝しています。また、一辺にステンレスが取り付いているため定規を傷付ける心配なく使用することが出来ます。

測る道具2.3.jpg

 次に「ノギス」ですが、ノギスは2つの爪の間に物を挟んだり、物の内側にあてたりして厚さや幅を測る道具で、ベルトの厚みやサイズを測る際に使用しています。0.01mmまで測ることができるので、精密さを求めるときに役立ちます。1mm程度の差なら、なんてことないと思われるかもしれませんが、ベルトはわずか0.2mm程度の差異でも、美錠に通らなかったり時計に取り付けることができなくなったりすることもあります。それぞれ厚みを計算し測った表材、芯材、裏材を貼りあわせることによってベルトが出来上がり、その目標のサイズになることではじめて美錠に通り、お客様の手首になじむベルトとなります。

測る道具4.jpg

 裁ちたい素材や型紙に合わせて刃物を使い分けるように、測りたい形やサイズに合わせて測る道具も変えています。様々な形、大きさの腕時計があり、それをお客様の手首に快適に付けていただくにはサイズがとても重要であり、サイズに対し厳しくあり続けなければいけないと考えています。時計ベルトを単なる付属品と考えるのではなく、腕時計をより引き立てるアイテムと考えているからこそのこだわりです。






Page up